メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格とは

img-1

新型うつなど、現代社会に深刻な影を落としている精神的な問題は、企業にとっても真剣に取り組むべき問題です。

その状況を改善するべく生まれたの従業員のストレスを緩和し、心身ともに健康な状態で働いてもらうための専門知識を高める資格「メンタルヘルスマネジメント検定」です。
この資格取得を目指すことで、心の病になる従業員を救うだけでなく、自分自身のメンタルヘルスを守ることにもつながります。


メンタルヘルスマネジメント検定は、大きく3つのコースに分かれています。

薬膳コーディネーターなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

1種は、マスターコースで、社内全体のメンタルヘルス対策を行うための資格です。主に人事労務の担当者や、会社の経営に携わっている経営陣などが取得を目指すとよいものです。

2種はラインケアコースで、管理職が自分の部下のメンタルヘルスを、いかに守るかという対策に特化しています。



普段の仕事の中で部下に様子が何かおかしいという時に、どうすればよいのかという対応策を行えるようになります。3種はセルフケアコースで、自分自身の精神状態も、正確に把握して、場合によっては外に助けを求める決断が出来るようになります。
これは一般の従業員が取得を目指すとよいでしょう。

さて、メンタルヘルスマネジメント検定も資格試験ですから、受験するためには試験時間や受験資格など様々な注意事項があります。

エキサイトニュースサイトを今すぐ確認してみましょう。

では受験資格はどのようになっているのかというと、学歴・年齢・性別・国籍についての制限はありません。また受験資格では、コースについても制限は設けられていません。

1種と2種は、相応の地位にある人が取得するとよいものですが、受験をする上では誰が受けてもよいのです。

関連リンク

img-2
メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格とは

新型うつなど、現代社会に深刻な影を落としている精神的な問題は、企業にとっても真剣に取り組むべき問題です。その状況を改善するべく生まれたの従業員のストレスを緩和し、心身ともに健康な状態で働いてもらうための専門知識を高める資格「メンタルヘルスマネジメント検定」です。...

more
img-2
メンタルヘルスマネジメントの試験に合格するには

現在では、ストレスを感じる機会が増えており精神的な負担を減らすことが重要になってきています。そのため、メンタルヘルスマネジメントが注目されており、検定試験が存在しています。...

more
top