メンタルヘルスマネジメント検定について知りたい

img-1

企業における成果主義の激化などにより、ストレスを抱える人が増えています。

薬膳コーディネーター 資格情報選びをお手伝いするサイトです。

ストレスの増大は個人にとってもつらい問題ですが、心の不調による休職や離職が広がることで、社会問題にもなっています。

産経ニュースの情報サイトを利用して良かった。

このため、企業では心理カウンセリング体制の整備など、メンタルヘルス対策への取り組みが年々増えており、平成27年12月からは会社でのストレスチェックが義務化されました。


メンタルヘルスマネジメント検定とは、こうした流れの中で生まれた検定制度です。
心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指すため、職場内での役割に応じた知識や対処方法の習得が検定の目的です。メンタルヘルスマネジメント検定とは、このような目的で大阪商工会議所が実施しているもので、学歴、年齢などの制限なく誰でも受験できるため、基礎的、入門的検定として在職しながら受験する会社員などが多くなっています。コースは、社内全体のメンタルヘルス対策推進を担当する人事労務管理スタッフや経営幹部が対象となる?種と、部門内のメンタルヘルス対策を担当する管理職対象の?種、それに従業員自らがチェックするための?種の3つがあります。
?種は年1回、?種、?種は年2回、全国10数か所で試験が行われます。



メンタルヘルスマネジメント検定とは、このように現代社会で必要とされる資格検定です。
企業では社内の立場によって、受けるべきコースが変わってきますが、?種は自らのストレスチェックが適正にできる資格でもあります。現代社会そのものが生み出した資格検定ともいえます。

関連リンク

img-2
メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格とは

新型うつなど、現代社会に深刻な影を落としている精神的な問題は、企業にとっても真剣に取り組むべき問題です。その状況を改善するべく生まれたの従業員のストレスを緩和し、心身ともに健康な状態で働いてもらうための専門知識を高める資格「メンタルヘルスマネジメント検定」です。...

more
img-2
メンタルヘルスマネジメントの試験に合格するには

現在では、ストレスを感じる機会が増えており精神的な負担を減らすことが重要になってきています。そのため、メンタルヘルスマネジメントが注目されており、検定試験が存在しています。...

more
top