メンタルヘルスマネジメント検定とは受験資格は?

img-1

仕事や職場においてストレスを感じる人は増加しており、企業としても個人としても、持てる能力を最大限に活かし、生き生きとやり甲斐を感じながら仕事をするために心の健康管理は重要な課題になっています。


メンタルヘルスマネジメント検定は大阪商工会議所が実施する産業精神保健に関する検定で、働く人の心の不調を未然に防ぎ、活力のある職場環境を整え、労働効率の向上を図るために、職場での役割に応じて心の健康に関する必要な知識や対処法を習得するためのものです。メンタルヘルスマネジメント検定には人事労務管理スタッフ・経営幹部を対象とした?種(マスターコース)、管理職を対象とした?種(ラインケアコース)、一般職を対象とした?種(セルフケアコース)の3種類がありますが、受験資格は「いずれのコースも学歴・年齢・性別・国籍に制限はない」とされており、即ち何か特別な受験資格は定められていません。

日本経済新聞の情報をあなたにご紹介いたします。

この3コースの区分は、受験者の社内でのポジションに合わせたもので難易度の区分ではありませんが、出題範囲が違うのと(?種9分野、?種7分野、?種5分野)、?種はマークシート方式に加えて論述方式も課されており、合格率も他のコースと比べて非常に低いため(10%台)、事実上は難易度による区分になっているとも言えます。

チャイルドケア・インストラクターとはに関する情報を紹介するサイトです。

ストレスの多い現代の職場生活において自分自身の心のケアのため、或いは部下のメンタルヘルスや労働環境の活性化のためにメンタルヘルスマネジメント検定の注目度は上がっており、受験資格も特に制限がないので、受験申込者は年々増加しています。各コースごとの公式テキストも販売されており、商工会議所による受験対策講座も実施されています。



関連リンク

img-2
メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格とは

新型うつなど、現代社会に深刻な影を落としている精神的な問題は、企業にとっても真剣に取り組むべき問題です。その状況を改善するべく生まれたの従業員のストレスを緩和し、心身ともに健康な状態で働いてもらうための専門知識を高める資格「メンタルヘルスマネジメント検定」です。...

more
img-2
メンタルヘルスマネジメントの試験に合格するには

現在では、ストレスを感じる機会が増えており精神的な負担を減らすことが重要になってきています。そのため、メンタルヘルスマネジメントが注目されており、検定試験が存在しています。...

more
top