ソフトが人間を支配する時代

将棋ソフトがプロ棋士たちを破り始めました。

人工知能が人間の知能を凌駕し始めたということです。
また、海外のヘッジファンドなどの中には、非常に高性能の売買ソフトを使って、相場で毎日相当な儲けを出しているものもあるそうです。

今探すならこちらのWEB会議関する情報探しのお役に立つサイトです。

FXなどでも自動売買ソフトを使える場合がありますが、そうした物の中には、かなり優秀なプログラムもあります。

しかし考えてみると、相場で人間よりも自動売買が盛んになると、ある意味売買ソフトがバブルを作り出し、暴落も作り出すということになりそうです。

人工知能が売買のオーダーを出して値が動いているわけですから、経済の重要な指標とされる為替や株の値動きがソフトによって作り出されているということになるからです。


これからの社会では、人工知能が判断した物事の是非を人間が改めて検証するという作業が中心になってくるのかもしれません。



この場合、人工知能がどういった経路でその判断に辿り着いたのか、それが果たして妥当であるのかをしっかりと監視していく必要がありそうです。
結局いかに優秀なソフトでも入手できるデータを基にしか判断はできないからです。

帳票印刷に関する詳細です。

人工知能によって人間が入手していない事実を手に入れて独自に判断を下しているわけではない限り、人工知能の下した判断は判断した時点でのベストな選択に過ぎないからです。

ファイル共有のクラウドに関する疑問が解決できます。

想定外の津波が起きたのと同じように、人間であれ優秀なコンピューターソフトであれ、インプットできていない情報を総合的な判断材料として利用することはできないのです。



http://f-marketing.jp/service/mailmag/
http://digital.asahi.com/info/functions/device_android.html
http://business.rakuten.co.jp/digitaldive/040961/